北海道旅行らしい体験がしたい!おすすめのアクティビティは?|北海道ツアーズは格安ツアー・プランをご案内します!

北海道旅行・ツアー北海道観光コラム一覧 > 北海道旅行らしい体験がしたい!おすすめのアクティビティは?

北海道旅行らしい体験がしたい!おすすめのアクティビティは?

2020.02.19更新

コラム記事トピック画像

  • アクティビティ
  • 観光スポット
  • 夜景

旅行を満喫するにはその土地の観光地やグルメなど、そこにしかない醍醐味を味わうことが大切です。せっかく北海道まで旅行に行くなら、北海道ならではの体験をしてみましょう。具体的にどんなアクティビティがあるのかわからない場合もあるのではないでしょうか。
この記事では、北海道の大自然を感じられるおすすめのアクティビティを紹介します。

自然の美しさを目に焼き付けるアクティビティ

コラム記事イメージ

自然の豊かさは北海道の大きな魅力です。北海道旅行を満喫するには、その美しさを目に焼き付けられるようなアクティビティを体験しましょう。
例えば、青の洞窟探検クルーズもその一つです。北海道の海はとても澄んでおり、天気の良い日は日光を受けてキラキラと輝いています。海岸の洞窟では海面が青く光って見えることがあり、その神秘的な雰囲気を味わうことができます。
空のアクティビティでは、熱気球で空中探索を行い北海道の大地を見渡して楽しむことができます。ガイドの説明を聞きながら展望台で星空を観賞するナイトアクティビティもあります。
北海道の湿原には、カヌーツアーを楽しめるスポットがあります。自然に囲まれているため、原始時代にタイムスリップしたかのような感覚を味わえるでしょう。天然記念物に指定されている動物と出会えることも珍しくありません。
また、森林のトレッキングも自然を味わうのにぴったりのアクティビティです。綺麗な空気を吸いながら緑の中を進んでいくと、普段の喧騒を忘れてリフレッシュできます。徒歩だけではなく、乗馬をしながら散策するアクティビティもあるので、好きなものを選ぶと良いでしょう。

体全体で北海道を味わうアクティビティ

コラム記事イメージ

季節ごとの自然の美しさを味わいながら、全身を使って体験できるアクティビティを紹介します。
水辺のアクティビティとして、リバーカヤックやレイクカヤックは川や湖の美しさが堪能でき、透き通った水面から魚が見えることがあります。カヤックは全身でバランスを取りながら、オールを漕いで進んでいきます。速度や方向を自分で決められるので、無理のないペースで楽しめるでしょう。
その他には、ラフティングが挙げられます。激流の川を下っていく激しいアクティビティで濡れることもありますが、北海道の綺麗な水を全身で感じることができるでしょう。下っている時はスリル満点で余裕が持てないかもしれませんが、その前後には川沿いの自然の景観が楽しめます。

空のアクティビティとして、モーターパラグライダーもスリルという点では負けていません。専門のパイロットが操縦してくれるので心配は不要です。文字どおりモーターで進むパラグライダーであり、北海道の美味しい空気を感じながら、上空から紅葉を眺めたり、地上にいる友人たちと通信で話したりできるでしょう。

野生の生き物に出会うアクティビティ

コラム記事イメージ

北海道の野生の生き物との出会いも北海道旅行の醍醐味です。具体的なアクティビティとしては、ホーストレッキングが挙げられます。馬に乗りながら原生林や森を進んでいくと、様々な生き物と遭遇するかもしれません。その場合は歩みを止めて観賞すると良いでしょう。インストラクターがサポートしてくれるので乗馬の経験がない人でも楽しめます。
知床の山歩きは、野生の生き物に出会いやすいアクティビティです。世界遺産を散策するという珍しい体験もできるので一石二鳥といえるでしょう。
また野生動物を見に行くナイトアクティビティも人気があります。ガイドが運転する車の中から見学するプランの他に、季節によっては夜の森を歩いて探すトレッキングも開催されます。運が良ければ、エゾシカやキタキツネなど北海道を象徴する動物に出会えるかもしれません。
その他にも、産卵の時期に川をさかのぼるサケを観察するアクティビティや、ネイチャーウォッチングと呼ばれる、クジラやシャチ、ヒグマなどが観察できるアクティビティがあります。冬のバードウォッチングでは、オオワシやタンチョウなどの観察ができます。

寒さを楽しみに変えられるアクティビティは?

コラム記事イメージ

冬の寒さも北海道の大きな特徴です。冬の北海道に旅行に行く際は、冬の寒さを生かしたアクティビティを楽しみましょう。
例えば、犬ぞり体験は北海道の大雪原をフィールドとして活用したものです。犬に引かれて雪上を滑走すると非常に爽快感があります。スノーモービルも、大雪原と爽快感という点で共通しているアクティビティです。ライセンスを持っていない人でも楽しめるプランや、ライセンスの取得を目指すプランなどがあります。もう少し穏やかなものが好みという人はワカサギ釣りが良いでしょう。足元の氷に穴をあけて釣り糸を垂らすスタイルで楽しめます。釣ったワカサギを天ぷらにして食べれば、北海道の冬の味覚を味わうグルメ体験も可能です。

北海道の冬の海というと、流氷を思い浮かべる人も多いでしょう。流氷をかきわけながら進むクルージングを体験できるのも冬の寒さの恩恵といえます。船上では、その時期だけに見られる貴重な鳥を観賞できることも珍しくありません。
また、アイスウォークという新感覚のアクティビティも要チェックです。ドライスーツを着用して支笏湖の氷や雪の上を歩きます。ドライスーツは水を通さず浮くので、泳げない人が湖に落ちても大丈夫です。スノーシューを履いて行うアクティビティもあり、雪の感触を足で確かめつつ、冬の景観を楽しみながら散策できます。

アクティビティ基準で目的地を選ぶ

コラム記事イメージ

北海道には魅力的なアクティビティが多くありますが、体験できるスポットは限られているので注意しましょう。そこで問題になるのが、北海道は非常に広いということです。日本の都道府県のなかで最大の面積を誇ります。広さをイメージできない場合は、東北6県と新潟、富山を合わせた面積とほぼ同等であると考えると良いです。それだけ広大なので、都市間の移動には非常に時間がかかってしまいます。滞在している都市付近にアクティビティを楽しめるスポットがなければ、他の都市まで移動しなければなりません。移動時間が長くなりすぎた結果、肝心のアクティビティを体験する時間がなくなるという事態も起こりえます。

そのようなリスクを避けるには、事前に対策をしておくことが大切です。まず宿泊施設を予約する前に、どのようなアクティビティを楽しみたいのか検討しておきましょう。体験できるスポットに近い都市を目的地にするのが得策です。その上で、スポットまでのアクセスも調べておくと良いでしょう。目当てのアクティビティが複数ある場合、総合的な移動時間が最短となる都市を選択するなどの工夫が必要になります。

しっかりとしたサポートがあれば安心

コラム記事イメージ

事前に対策をしておくことで、アクティビティを楽しめる可能性があります。しかし現地の土地勘のない人の場合、いくら慎重に考えてもいろいろと見落としや間違いが出てきてしまいます。北海道旅行でアクティビティを十分に楽しみたいなら、現地での評判や場所の特性を熟知している旅行会社のサポートが必要となります。

北海道ツアーズなら、地元の人がコールセンターのスタッフを務めているので安心です。アクティビティの開催時期などの実情を把握しており、それに基づいたアドバイスや提案をしてもらえます。さらにレンタカー付プランやフリープランがあり、アクティビティも楽しみやすいのが魅力です。北海道旅行の満足感を高めるために利用を検討してみましょう。

アクティビティ 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

北海道知事登録旅行業第2-534号/全国旅行業協会正会員
(c) (C) HOKKAIDOTOURS INC. All Rights Reserved.