北海道旅行でスカイダイビングができる!2つのスポットを紹介|北海道ツアーズは格安ツアー・プランをご案内します!

北海道旅行・ツアー北海道観光コラム一覧 > 北海道旅行でスカイダイビングができる!2つのスポットを紹介

北海道旅行でスカイダイビングができる!2つのスポットを紹介

2022.06.24更新

コラム記事トピック画像

  • スカイダイビング
  • アクティビティ
  • おすすめ
  • 場所

北海道では、パラグライダーや熱気球などのスカイアクティビティが盛んに行われています。しかし、北海道でスカイダイビングができる場所は、2カ所しかありません。本記事では、スカイダイビングの魅力と北海道でスカイダイビングが体験できるスポットを、併せて紹介します。「大空を舞うスカイダイビング」と「北海道の大自然」。両方が合わさると、どれほどすばらしいものになるのかを明らかにしていきましょう。

そもそもスカイダイビングとは

コラム記事イメージ

シンプルでエキサイティングなスカイスポーツ、スカイダイビング。パラシューティングや落下傘降下などとも呼ばれています。スカイダイビングをするには、まず航空機に乗って3000〜4000mほどの高度まで上昇します。続いて機外へ飛び出して降下。最終的にパラシュートを開いて着地するところまでが、一連の流れになります。スカイダイビングは一見すると、危険なスポーツだと思われがちです。しかし、空中で気絶するなどの緊急時を想定したうえで、二重三重の安全対策が施されています。スカイダイビングの世界も日々進歩していて、例えば、設定した高度に達したときに自動でパラシュートが開く「ADD(Automatic Activation Device )」という装置を装備するなど、安心して参加できます。
スカイダイビングは種目もいろいろとあって、ただ単に飛び降りるだけのスポーツではありません。複数人が同時に降下してさまざまな形を作る「フォーメーションスカイダイビング」や、着地ポイントにぴったり降りる精度を競う「アキュラシー」。選手とカメラマンが一組になって空中で45秒間演技を行って、技の美しさを表現する「フリースタイル」などがあります。

スカイダイビングの魅力を押さえておこう

コラム記事イメージ

スカイダイビングの魅力は、第一に、機外へ飛び出してからパラシュートを開くまでに味わうスリルです。第二に、パラシュートを開いてから楽しめる一面に広がるパノラマの絶景です。数人が空中で輪を作るなどのフォーメーションスカイダイビングは上級者向けで、初心者は「タンデムジャンプ」といってインストラクターと2人1組で降下することになるので安心してください。タンデムジャンプであれば資格も一切必要なく、事前の講習だけでスカイダイビングに参加できます。初心者でも特に準備は必要ありません。スカイダイビングは本来、身体をコントロールする能力やバランス感覚が重要なスポーツです。しかし、タンデムジャンプであれば、インストラクターの指示に従うだけでよいので、着地も難しくはありません。
パラシュートを広げずに、両手両足を伸ばして降下しているときのスピードは、時速180kmほどとされています。生身の人間が体験できる最高速度といえるでしょう。自然降下中のスリルが病みつきになって、スカイダイビングにはまったという人もたくさんいます。スカイダイビングは、ストレス解消にも効果的なスポーツで、体験した人の中には、世界観が変わったという人もいるくらいです。日常と異なる空間に、あなたも身を置いてみてはいかがでしょうか。降下中に地平線が丸く見えるのは圧巻の一言です。スカイダイビングはセスナなどの航空機に乗るところから、すでにプレイが始まっています。ドアのない航空機は、まるで空の遊園地の遊具に乗っているような気分になるでしょう。

北海道旅行でスカイダイビングができるのは2カ所だけ

コラム記事イメージ

スカイダイビングというと、海外のイメージが強いかもしれません。しかし実際は、国内でも行われていて、北海道でスカイダイビングができる場所は2カ所あります。広々とした土地と豊かな自然に恵まれている北海道は、スカイダイビングの魅力を堪能するのにうってつけの場所だといえるでしょう。北海道でスカイダイビングができるのは、小樽エリアの余市町にある「スカイダイブ北海道」と、富良野エリアの美唄市(びばいし)にある「北海道スカイダイビングクラブ」の2カ所です。どちらのスポットも開催しているのは、冬以外の時期で4〜11月となります。訪れる時期には注意しましょう。
小樽の海鮮や富良野のラベンダーなど、近隣にもいろいろと堪能できるスポットがあります。富良野のラベンダーであれば、7月がちょうど咲きごろです。富良野メロンも美味しい季節に入ります。小樽産の生ウニも5〜8月が漁の解禁です。両方回る余裕があるなら、7月に行くといろいろと楽しめます。7月は、「おたる潮まつり」などの祭りや花火大会といったイベントも盛りだくさんです。夏季以外にも、北海道には年中通して、たくさんの見どころや風物詩と山海の美味があります。スカイダイビングを目的にしつつも、周辺の観光情報も調べておくとより楽しめるでしょう。

北海道旅行ではスカイダイビングも観光も堪能しよう

コラム記事イメージ

北海道でスカイダイビングができるのは、小樽エリアの「スカイダイブ北海道」か、富良野エリアの「北海道スカイダイビングクラブ」だけです。北海道の大自然やスカイダイビングをたっぷりと満喫するためにも、事前にしっかりスケジュールなどを確認しておきましょう。「北海道ツアーズ」では小樽エリアや富良野エリアのホテルに宿泊できるプランも用意しているので、利用してみてはいかがでしょうか。

おすすめ 」プランをご紹介!

自由旅行

アクティビティ 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

北海道知事登録旅行業第2-534号/全国旅行業協会正会員
(c) (C) HOKKAIDOTOURS INC. All Rights Reserved.