北海道旅行にはレンタカーが必要!借りる際に気を付けることは?|北海道ツアーズは格安ツアー・プランをご案内します!

北海道旅行・ツアー北海道観光コラム一覧 > 北海道旅行にはレンタカーが必要!借りる際に気を付けることは?

北海道旅行にはレンタカーが必要!借りる際に気を付けることは?

2020.02.19更新

コラム記事トピック画像

  • レンタカー
  • 旅行
  • 持ち物
  • 札幌

北海道旅行はおいしい食べ物や雄大な自然を満喫できることから、高い人気を集めています。しかし、北海道はとても広大なため、できるだけ多くの観光地を巡るために効率的に計画を練らなければなりません。そのためには、観光地の選定ももちろんですが、どのような移動手段を選択するかも重要なポイントとなります。このコラムでは、効率的な北海道旅行を実現させるうえで、人気の高い移動手段である「レンタカー」について、利用するメリットや借りるうえで気を付けるポイントについて解説していきます。

電車やバスでは行きにくいところへも行ける

コラム記事イメージ

北海道旅行でレンタカーを利用するメリットとして、まず挙げられるのは「電車やバスでは行きにくいところにも行ける」利便性の高さです。北海道の観光地には、都心部から離れている花畑や電車やバスでは近くまでいけない自然の絶景など、街中よりも郊外に多い傾向にあります。有名な観光スポットでも駅から離れている場所も多く、電車やバスなどの公共交通機関だと目的地に辿り着くまでかなりの時間がかかる場合もあります。
それに、札幌や旭川などの大型都市以外の北海道では、公共交通機関がそこまで発達しておらず、あまり利便性が高いとはいえない地域もあります。阿寒湖温泉や層雲峡温泉などの全国的にも有名な温泉郷も公共交通機関では、移動に時間がかかることもあります。その点、レンタカーを借りれば移動にかかる時間を節約できると共に費用も抑えられます。

レンタカーには待ち時間がない

コラム記事イメージ

旅行では日程のなかで、よりたくさんの観光地を訪れたり、おいしい食事を楽しんだりしたいですよね。そんな限られた時間のなかで、バスや電車を待ったり、乗り換えに時間を取られたりはしたくないですよね。レンタカーを利用すれば「時間を有効活用できる」というのが一番のメリットでしょう。特に北海道は東北6県に新潟県・富山県を加えた面積に匹敵するほど広く、観光地どおしも離れていることが多いです。また、都心部から離れるほど鉄道やバスの運行本数が少なため、電車やバスなどを利用して目的地まで移動しようとすると、乗り継ぎがうまくいかずに待ち時間が長くなってしまったり、移動ばかりに時間がかかってしまったりするリスクがあります。
その点、レンタカーなら移動のタイミングを自分の都合に合わせることができますし、乗り継ぎなどで時間を取られることもありません。電車やバスのように待ち時間がなく、自分の決めたスケジュールに沿って移動できるので、時間を無駄にせず、自分の決めたスケジュールに合わせて、効率的に観光スポットを巡ることができるでしょう。

レンタカーが必要なエリアとレンタカーがなくても観光がしやすいエリアがある

コラム記事イメージ

レンタカーは行きにくい場所にも出かけやすく、自分の都合に合わせて移動ができることがメリットです。しかし、北海道のすべてのエリアが、レンタカーでの移動に適しているとは限りません。北海道旅行ではレンタカーの移動が「向いているエリア」と「レンタカーなしでも観光しやすいエリア」があります。どのエリアがレンタカーでの移動に適しているのか、また不向きなのかをきちんと把握しておく必要があります。
まず、レンタカーでの移動が向いているエリアには「道北・道東」が挙げられます。具体的には、道北エリアだと稚内・羽幌・紋別、道東エリアだと帯広・釧路・知床などの地域です。道北や道東は電車やバスといった公共交通機関の選択肢が豊富ではなく、鉄道やバスだけでの移動は余計な時間がかかってしまうので、レンタカーを利用しての移動が特に効果的でしょう。
反対に、「札幌・函館などの都市部」では、レンタカーが無くても公共交通機関だけで十分に効率よく移動することができます。都市部をレンタカーで移動するとなると、かえって渋滞に巻き込まれたり、駐車場を探すのに苦労したりすることも考えられるため、特に都市部から離れたり、北海道周遊をするなどの予定がなければレンタカーを使わずに観光するのも問題ないでしょう。

レンタカーで北海道旅行をするときの注意点

コラム記事イメージ

レンタカーで北海道旅行をする場合、いくつかの注意点があります。まず、注意したいのは「給油」の問題です。北海道は私たち旅行者の想像を超えるくらい広く、都市部とその他の地域では人口も差があり、なかにはガソリンスタンドがまばらな地域もみられます。万が一、移動中にガソリンがなくなって給油したいと思っても、なかなかガソリンスタンドが見つからないこともあるため、注意が必要です。ガソリン切れになってしまわないように、給油は余裕を持って、早めに行うよう心がけましょう。
さらに、レンタカーでの移動は「スピードの出しすぎ」に気を付ける必要があります。北海道では、見晴らし良い直線道路を走ることもあるでしょう。日本の他の地域ではなかなか見られない長い直線道路を走るのは、広大な北海道ならではの素晴らしい体験ですが、自然が豊かな地域だと速度の目安となる目標物が少なく、気付かないうちにスピードが出すぎてしまうおそれがあるため、要注意です。スピードを出しすぎてしまうと、スピード違反の取り締まりにあったり、交通事故を起こしてしまったりとせっかくの旅行が台無しになってしまうかもしれません。楽しく旅行をするためにも、レンタカーでの移動はスピードの出しすぎに十分注意しましょう。
また、「野生動物の飛び出し」も注意したいポイントとして挙げられます。北海道は豊かな自然のなかを走る道路が多く、キツネやクマ、タヌキやシカなどの野生動物が飛び出してくるケースも珍しくありません。動物が道路に飛び出してきたときに反応が遅れてしまうと、衝突などの事故につながるおそれがあります。クマやシカなどの大型動物と衝突した場合、大きな事故につながる可能性もあるので、スピードの出しすぎやよそ見運転は避け、安全運転を意識するようにしましょう。

慣れない冬場の雪道には危険が多い

コラム記事イメージ

レンタカーで北海道旅行をする際は、「季節」にも意識を向ける必要があります。特に、「冬場」のドライブには注意が必要です。冬の雪道にはさまざまな危険が潜んでおり、雪道運転に慣れていない場合には危険な事故につながることもあります。時には目の前が真っ白になって見えなくなってしまうケースもあるため、要注意です。また、道路に雪が残っていると、タイヤが滑りやすくなります。場所によっては10〜5月ごろまでスタッドレスタイヤが必要になるため、スタッドレスタイヤを装着すべきかどうか、あらかじめレンタカー会社などに確認をしておくと良いでしょう。
また、北海道で運転をすると、雪道特有の標識を見かけるケースもあります。たとえば、横断歩道のやや手前にある「停止線」の看板や、道路脇に設置されている「スノーポール」などです。これらを運転中に見かけたときでも焦らずに判断できるように、前もって標識の知識を頭に入れておくと安心です。このように、雪道には危険が多く存在しています。せっかくの楽しい旅行で事故などのトラブルを起こさないためにも、雪道の運転に慣れていない場合は、雪の季節にレンタカーで運転するのは避けたほうが無難かもしれません。

レンタカーで行程に無理のない旅を

コラム記事イメージ

レンタカーで北海道旅行をする場合、観光地と観光地の移動時間を間違えて無理なスケジュールを立ててしまうケースも少なくありません。効率的に北海道の観光地を巡るには、北海道のことを熟知している旅行会社のサポートを受けて、スケジュールを立てるのも一案です。
なかでも、「北海道ツアーズ」はきめ細やかなサービスで北海道旅行をサポートしてくれます。全国各地の空港から出発する、さまざまな北海道旅行のプランがあるのが魅力です。旅行会社を利用するなどの工夫を行い、無理のないスケジュールを立てて北海道旅行を楽しみましょう。

旅行 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

北海道知事登録旅行業第2-534号/全国旅行業協会正会員
(c) (C) HOKKAIDOTOURS INC. All Rights Reserved.