北海道旅行で行きたい牧場まとめ|北海道ツアーズは格安ツアー・プランをご案内します!

北海道旅行・ツアー北海道観光コラム一覧 > 北海道旅行で行きたい牧場まとめ

北海道旅行で行きたい牧場まとめ

2017.12.11更新

記事イメージ

  • 北海道
  • 旅行
  • ツアー
  • 牧場

北海道には牧場がたくさんあり、豊かな自然と動物の姿に触れることができます。 ここでは、旅行で北海道を訪れたときに行きたい牧場についてまとめました。広々とした牧場で動物たちとのふれあいを楽しんでみてください。

目の前に広がる大自然!北海道の牧場の魅力

コラム記事イメージ1

北海道は、生乳生産量が全国の50%を超える、酪農の盛んな地域です。地方公共団体や農協などが管理している公共牧場も多く、平成20年に全国で862ある公共牧場のうち、214か所を北海道が占めています。牧場が多く土地も広い北海道ツアーでは、スケールの大きな牧場に行ってみたいという人が多いかもしれません。そんなときには、とかち帯広空港から車で約1時間30分のところにある「ナイタイ高原牧場」を訪れてみてはいかがでしょう。ナイタイ高原牧場は、総面積約1,700ha、東京ドーム約358個分に相当する日本一広い公共牧場です。広さに加えて牛の数も多く、2,700頭もの牛が放牧されています。運がよければ野生のシカにも出会えるかもしれません。敷地が広大なので、訪れるときはレンタカーを活用するとよいでしょう。牧場内にはレストハウスがあり、搾りたてのミルクやソフトクリームなど、地元の特産品を購入できます。また、牧場の展望台からは色とりどりの畑が広がる十勝平野が一望できるほか、遠くに阿寒の山並みを見渡すことができ、すがすがしい開放感が味わえます。

ナイタイ高原牧場の詳細
住所:北海道河東郡上士幌町字上音更

北海道旅行で酪農体験ができる牧場

コラム記事イメージ2

北海道旅行で酪農体験をしたい方におすすめなのが、新千歳空港から車で30分ほどのところにある「むらかみ牧場」です。むらかみ牧場では、「酪農体験」をはじめ、「アイスクリーム作り体験」や「子牛の哺乳体験」、「ファームステイ」などの各種メニューに参加することができます。例えば「酪農体験」では、牧場について説明を受けた後、子牛たちと一緒に写真撮影が楽しめます。続いて行う乳搾り作業では、初めての人は、牛の大きな体に圧倒されるかもしれません。しかし、専任スタッフが搾乳のコツを分かりやすく教えてくれるので、安心して挑戦できます。乳搾り体験の後には、子牛たちに牧草を与えます。子牛がすぐ目の前で食べるようすを見られるので、舌や歯の動き、息づかいまで伝わってきます。酪農体験のしめくくりには、新鮮な牛乳を使ってバターづくりを行います。牛乳と生クリームを入れたペットボトルを振っていると、中身がだんだん固形化して黄色いバターが出来上がります。酪農体験期間は4月〜10月までで、2名以上からの事前予約制となっています。

むらかみ牧場の詳細
住所:北海道恵庭市戸磯156番地
アクセス:新千歳空港から車で約30分

ANAクラウンプラザホテル千歳

むらかみ牧場近くのホテルはこちら

ANAクラウンプラザホテル千歳

  • 住所:北海道千歳市北栄2-2-1
  • アクセス:新千歳空港から車で約15分
  • CHECK IN/OUT:13:00/11:00

このホテルに泊まるプランを見る

馬やキタキツネなどその他動物と触れ合える北海道のおすすめ牧場

コラム記事イメージ3

馬との触れ合いを楽しみたいときには、新千歳空港から車で約15分の「ノーザンホースパーク」がおすすめです。スタッフに馬を引いてもらって「観光ひき馬」に乗れるほか、インドア乗馬場で乗馬レッスンを受けることもできます。また、かわいらしいポニーによる「ハッピーポニーショー」や引退競走馬による「ライディングショー」も見られます。さらに、「観光馬車」や「馬そり」も運行されていて、馬と一緒に楽しめるメニューがたくさんあります。 また、北海道ならではの動物を観察してみたい人は、女満別空港から車で1時間20分ほどのところにある「北きつね牧場」を訪れてみてはいかがでしょう。キタキツネは北海道や樺太に生息していますが、野生の姿を偶然見かけることはほとんどありません。北きつね牧場には、約60匹のキタキツネが放し飼いにされているので、身近にその姿を観察することができます。

ノーザンホースパークの詳細
住所:北海道苫小牧市美沢114-7
アクセス:新千歳空港から車で約15分

旅行 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る