函館旅行に行くなら訪れたい観光スポット|北海道ツアーズは格安ツアー・プランをご案内します!

北海道旅行・ツアー北海道観光コラム一覧 > 函館旅行に行くなら訪れたい観光スポット

函館旅行に行くなら訪れたい観光スポット

2018.04.16更新

記事イメージ

  • 函館
  • 観光
  • 夜景
  • 歴史

最も魅力的な街として、地域ブランド調査ランキング1位の座を獲得している北海道函館市。函館に行くなら見逃せない、代表的な観光スポットとその見どころを紹介します。これをチェックすれば、函館がさらに魅力的となることでしょう。

世界三大夜景の函館山は夜はもちろん日中もおすすめ

コラム記事イメージ1

函館山からの夜景は、函館湾に浮かぶキラキラとした灯りで彩られた函館の街を一望することができ、とても魅力的です。しかし、その美しさは夜だけではありません。日中に函館山から望む景色もまた、とても素晴らしいものです。展望台では、函館の街から津軽海峡、そして下北半島までを見渡せ、夜のように混雑することもないため、その景色をひとり占めできますよ。そして、展望台にあるレストランでは、大きな窓から絶景を眺めてランチを楽しめます。また、函館山へはロープウェイがよく使われますが、日中であれば天気のいい日にはハイキングコースの自然を散策しながら登ることもできます。ルートによって異なる景色に出会えるため、何度訪れても新しい魅力を発見できますね。日頃の運動不足解消にもいかがでしょうか。

函館山の詳細
住所:〒040-0054 北海道函館市元町19-7
アクセス:函館駅から車で約10分

五稜郭で歴史と、桜、紅葉、雪の春夏秋冬を楽しむ

コラム記事イメージ2

函館は、かつて日本が開国をした初めての土地の1つです。江戸幕末の激動の時代に、さまざまな変化から防衛上の危機を感じた幕府は、奉行所の移転先として日本初のフランス式要塞「五稜郭」を築城しました。明治維新以後は、新政府と旧幕府の間で起こった戦争の中心的な場所となりました。日本の劇変の時代を間近で目撃していた五稜郭。日本の伝統建築である奉行所庁舎や、当時から残る樹齢150年以上の松など見どころが満載です。 また、五稜郭では1年を通して四季折々の景色を楽しむことができます。春は多くの人がお花見に五稜郭公園を訪れます。桜の後は新緑、そして紅葉に冬の雪原ライトアップと、表情を変えて人々を魅了します。ぜひ足を運んで、五稜郭の歴史と美しい景色を肌で感じてみましょう。

五稜郭公園の詳細
住所:〒040-0001 北海道函館市五稜郭町43-9
アクセス:函館空港から車で約20分

ドーミーインEXPRESS函館五稜郭

五稜郭公園近くのホテルはこちら

ドーミーインEXPRESS函館五稜郭

  • 住所:北海道函館市本町29-26
  • アクセス:市電五稜郭公園前下車徒歩約3分
  • CHECK IN/OUT:15:00/10:00

このホテルに泊まるプランを見る

函館港のベイエリア、金森赤レンガ倉庫でショッピングやグルメを楽しむ

コラム記事イメージ3

金森赤レンガ倉庫は、レストランやお土産ショップ、ギャラリーなど約50店舗を併設した複合商業施設です。カフェで運河を見ながら函館の人気スイーツを食べたり、ビアホールで地ビールを堪能したりするのはいかがでしょうか。また、北海道の定番お菓子はもちろん、ネーム入りアクセサリーや函館でしか手に入らない「イカ墨染め」の商品などもお土産に大人気です。オルゴールの手作り体験や函館港を1周するベイクルーズでは、子どもとも一緒に楽しめます。美意識の高い女性は、北海道限定コスメを取り扱うドラッグストアも要チェックです。絵になるレンガ造りの建物と函館港のコラボレーションは、とてもフォトジェニックで撮影スポットとしても人気です。

金森赤レンガ倉庫の詳細
住所:〒040-0053 北海道函館市末広町14-16
アクセス:函館駅から市電で約10分

ラビスタ函館ベイ

「金森赤レンガ倉庫」近くのホテルはこちら

ラビスタ函館ベイ

  • 住所:北海道函館市豊川町12-6
  • アクセス:JR函館から徒歩約15分
  • CHECK IN/OUT:15:00(最終22:00)/11:00

このホテルに泊まるプランを見る

函館市内ホテルをさらに詳しく調べる

函館 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

記事のジャンル
旅行
札幌
函館
旭川
小樽
釧路
帯広
お土産
天気
動物園
水族館
紅葉
富良野・美瑛
ドライブ
グルメ
夜景
観光スポット
人気記事

右カラム1

北海道の東側に位置する帯広・釧路は、水に恵まれた豊かな自然と、動植物たちがあふれる土地です。本州では見ることができない景色やいきものたちが、

右カラム2

北海道には自然や食などさまざまな魅力があります。四季折々の自然を感じながら家族や友人とイベントに参加することは、きっと旅の良い思い出になるでしょう。

右カラム3

豊かな自然が育んだおいしいグルメが豊富な北海道では、食べ歩きとともにお土産選びも旅の楽しみの1つですね。今回はスイーツ王国として名高い十勝の帯広と、

右カラム4

雄大な自然、人気の観光施設、スキーやスノボなど多彩なアクティビティとさまざまな魅了をもった北海道は、グルメを楽しめるスポットとしても高い人気を誇る場所です。

右カラム5

一年を通して気温が低いことで知られる北海道ですが、広大な地形をしているため、地域によって気候が違います。釧路市と帯広市は、北海道の中でも気温が低く、

行先を選択する
札幌
函館
湯の川
小樽
定山渓
登別
洞爺湖
北湯沢
キロロ・ニセコ・ルスツ
富良野・美瑛
旭川
層雲峡
トマム
帯広
十勝川
釧路
阿寒湖
網走
知床・ウトロ
屈斜路
川湯
稚内